5/30tue

行ってみたいアトリエ
勢いで出向く
たぶん何も展示されてないんだろ
でもその辺を散歩する言い分にはなる

普段はそんな気にしてない
ようなものが新鮮
楽しい

Img_1345_4

すごい階段

Img_1347_3

夏の陽気

Img_1346_3

おっちゃん涼しげ

Img_1348_2

オアシス

Img_1349_2

道が広い

Img_1351_3

タイルの風呂におはな

Img_1356_2

若大将系って
なんだ?

てか鳩舎!
散歩は楽しい

Img_1369_2

帰りに阿佐ヶ谷のワインバーへ

ちょっと前に偶然に見つけた
すごくいい店

お客さんがどぜうの差し入れ
女将のおすすめキスビン

カウンター6席のみ

メニューない

でも出てくりゃ美味い

ざっくばらんな女将

お客さんも大人の方々

最高なのだ

昨日の隣席の方とは日本酒のラベルについて話した
偶然の隣席の人とこんなコアな話ができる

いい風吹いてるお店です

しばらくはこのお店。。内緒です

| コメント (1) | トラックバック (0)

4/27thu

明日は池袋の鈴ん小屋でテルイーダのライブです。
open/startが20:00/20:30
テルイーダの出演が22:00と遅い時間帯です

連休の始まりということで
夜更かししても大丈夫です。
大丈夫ですよーたぶん!!
対バンの方々も素晴らしい演奏者
テルイーダがこけても安心です。
嘘です
ぶっちぎりでキメます!

| コメント (0) | トラックバック (0)

4/11tue

数週間前のこと、久しぶりに海へ
雨も降っていたし、寒かったし
だけど海へ行きたくなった

きっとこんなもんだろうと
予感はしつつも少し遠回りして
平塚のワインのお店へ
少しさびれた商店街の先にあるお店
ちょっと疲れて一息ついているような
あまり大きな声で呼びかけちゃ悪いかな。。

といった風情

口には出さず
バイバイと店を出る
誰もバイバイとは返してこない
気楽なもんだ
あたりまえだ

鎌倉へ
ワインのお店へ
東京で作られたワインが置いてある
ここで購入すれば印象的な一本に
なるのかなと考える

バイバイと店を出る

いつものように
コンビニで一服
いつもと違うのは
海へ向かうということ
海岸には誰もいない
みんな
もうすぐ晩御飯なんだ

 

雨も降っていたし、寒かったし

でも心地いい
雨雲がほんの少しだけ開けて
青い夜の顔を覗かせる
浜の後ろの道路沿いの建物の明かりが
浮かんで見えて安心する
雨で湿った砂浜はむしろ歩きやすく
座り込むことは躊躇われたけれど
風が強く吹いて砂が舞い散るよりはいい

その頃東京では知人達がパーティーをしていた
僕にも声をかけてくれたのだけど

断ってしまった
僕は僕を連れて
パーティーとはまるで正反対の場所にいた
寂しさを感じながらも
そうせずにはいられなかった僕もいた

まだ僕は繰り返している
生きてみたり死んでみたり

時には
目を閉じて死んだふりだってする

感傷的な気持ちに寄り添ってくれる曲がある
気持ちを高揚させてくれる曲もある
だけど

パーティーの裏側で一人雨の夜の海岸に
誘われてしまうようなどうしようもなさを

受け止めてくれるような

いや

そんな気持ちをポジティヴに向かわせてくれる曲

どれほど心が軽くなったことだろう

 

    もしも君が気高い孤独なら

    その魂を空に広げて

    雲の切れ間に

    君のイナズマを

    遠く遠く解き放たってやれ

    もしも君が拙い旅人なら

    どこか遠くへと旅立つ前に

    僕の歌をちょっと聴いてってくれ

    外がどしゃ降りになる前に

    もしも君が蒼い孤独なら

    人の話などどうでもいい

    その目で聞いて

    その胸で話してくれ

    このどうしようもない夜の真ん中で

 

    もしも君が気高い孤独なら

    その魂を空に広げて

    もう一度

    どうしようもないこの世界を

    強く解き放たってやれ

    もしも君が気高い孤独なら

    もしも君が名もない孤独なら

フッと迷いが消えた

これが僕のロックンロール

| コメント (0) | トラックバック (0)

«20170311sat